知的財産権(IPR)侵害の申立に対する強制的措置について

以下の日本語は『Enforcement Actions for Intellectual Property Right Infringement Claims(英語)』の参考和訳(一部抜粋)となります。
本参考和訳と『Enforcement Actions for Intellectual Property Right Infringement Claims』の記載が矛盾する場合等は、『Enforcement Actions for Intellectual Property Right Infringement Claims』の記載が本参考和訳の記載に優先して適用されます。

Enforcement Actions for Intellectual Property Right Infringement Claims(知的財産権(IPR)侵害の申立に対する強制的措置について)

A. 知的財産権侵害

Alibaba.com上で他者の知的財産権を侵害する無許可の製品を掲載し、または販売することは禁止されています。

一般的な侵害とは以下の内容を含みますが、これらに限りません:

(1) 製品情報、店舗名、ハイパーリンクにおける商標権や著作権の不正利用、または

(2) 製品の提供もしくは販売における商標権、著作権や特許権の不正利用、または

(3) 混乱や誤解を招く、製品情報やその他情報

重大な侵害とは以下の内容を含みますが、これらに限りません:

(1) 知的財産権者の許可なく、印刷物、録音・録画、ソフトウェアを提供もしくは販売すること、または

(2) 商標権者もしくはその商標の使用権者の許可なく、製品を提供もしくは販売すること

B. 知的財産権侵害の処罰

1. 一般的な侵害:
削除の種類 ペナルティポイントの計算
知的財産権者からの申立 1件につき6ペナルティポイント

注意事項:
初回の申立てから5日間以内に申立て者から受けた全申立ては、1件としてカウントします。ペナルティポイントは発生しません。
6日目以降に受け取る申立ては、1件につき6ペナルティポイントが科せられます。1日に同じ知的財産権者からの複数の申立は1件としてカウントします。
申立が処理されてからペナルティの計算を開始します。
Alibaba.comランダムチェックによる削除 各削除は2ペナルティポイント科せられます(1日最大6ポイント)。一方、重大な一般的な侵害で削除された場合は4ペナルティポイントが科せられます(1日最大12ポイント)。 
ここでいう「申立」とは「有効な申立」をいいます。「有効な申立」とは、所定の期間内に相手方から異議申立がない場合、または相手方の異議申立が成立していない場合を含みます。

ペナルティポイントに関する強制措置についてはRules for Enforcement Actions against Non-compliance on Alibaba.comご参照ください。

2. 重大な侵害:
侵害申立の累積数 ペナルティ
初回の侵害申立 7日間の制限+試験(7日以内に合格しなければ30日間の制限に延長)
2回目の侵害申立 14日間の制限+試験(14日以内に合格しなければ60日間の制限に延長)
3回目の侵害申立 アカウント終了
注意事項:

1. 「3回の侵害申立」はAlibaba.comにて重大な知的財産権を侵害した処罰として採用されました。全ての申立は申立の数に関わらず、最初の3日間以内は最初の申立としてカウントされます。その期間は最初の申立から発生した時から計算されます。3回の侵害申立が累計されたらアカウントは即時に終了させます。

2. ここでいう「申立」とは「有効な申立」をいいます。「有効な申立」とは、所定の期間内に相手方から異議申立がない場合、または相手方の異議申立が成立していない場合を含みます。

3. 3回の侵害申立を行った後のアカウント終了を除き、会員は申立を受けた都度、「Intellectual Property Rights Exam」に合格する必要があります。合格した会員には機能の制限期間後に元の状態のアカウントに戻されます。詳細はAlibaba.com Examination Rulesをご参照ください。

4. 重大な侵害の数は、年単位で累計され、365日間(rolling basis)記録されます。


5. 極度・顕著な状況においては、Alibaba.comは会員契約またはサービス契約、会員アカウント、及び該当するアカウントに関連するとAlibaba.comが判断する全てのアカウントを、その裁量で一方的に終了、またはAlibaba.comが適切と考えるその他の措置を実施、あるいはその両方を行う権限を有します。

「極度・顕著な状況」には、以下を含みますが、これらに限りません。
・ユーザーの行う侵害行為が極めて重大であるとみなされる場合
・IPR保有者によって既に起訴されている等の、Alibaba.comに対し法的請求を起こしている場合
・ユーザーがIPR保有者から起訴されている、あるいは司法当局、執行当局、または行政当局により侵害の疑いのある行為に関して捜査されている場合
・司法当局、執行当局、または行政当局により、アカウントを終了させる要請、あるいは何らかの関連措置を実施するよう求められる場合

その他の注意事項

  1. Alibaba.comは上記含め全ての用語の最終解釈及び決断の権限を有します。

  2. Alibaba.comは法令の改訂、ビジネス環境の変化またはその他の理由により、このルールを改訂する権限を有します。改訂したルールは予告に記載する日付から有効となります。

  3. このルールはAlibaba.comでの不可欠なルールとなります。本ルールとAlibaba.comでのその他のルールの記載が矛盾する場合等は、本ルールの記載を優先して適用されます。本ルールに記載されていない内容に関しては、Alibaba.comのその他のルールが適用されます。

  4. 本ルールの英語版と中国語版の記載が矛盾する場合等は、中国語版の記載が英語版の記載に優先して適用されます。

2017年11月23日