Automatic response settings

自動返信での返信は、返信率にカウントされません。返信率を上げるために24時間以内に手動で返信しましょう。

Automatic response settingsでは、バイヤーからのメッセージに対して自動返信の設定をすることができます。

  1. 左メニュー「Communications」をポイントし、「Messages」をクリックします。

  2. Receptions Settingから「Smart Response」をクリックします。

設定が完了したら、画面下の「Save」ボタンをクリックして登録完了させましょう。

Control settings

バイヤーメッセージに対して自動返信の設定を行います。

  1. Off: 自動返信を行いません。

  2. Always on: 常に自動返信を行います。

  3. Custom timeframe: Weekdays(平日)/Weekends(土日)ごとに、自動返信する時間帯を自由に設定できます。

自動返信を設定した場合、過去30日間にメッセージのやり取りがないバイヤーに対してのみ自動返信を行います。

Welcome message(ウェルカムメッセージ), FAQ, automatic questions(自動質問)の3つを設定した場合、バイヤーにはWelcome message, FAQ, automatic questionsの順にメッセージが自動配信されます。

Welcome message(ウェルカムメッセージ)

過去30日間に一度もメッセージを受信したことないバイヤーに自動返信を送る設定です。

  1. チェックボックス: Welcome messageを送信する場合はチェックボックスにチェックを入れます。

  2. メッセージ内容: 500文字以内で、Welcome messageのメッセージ文章を入力します。

FAQ

バイヤーに対して、あらかじめ設定した質問と回答を自動送信する設定です。

  1. 質問タイプを最大5個まで設定します。

  2. 質問内容とその回答を設定します。

項目 説明
Catalog バイヤーがこの質問をクリックすると、事前に設定したカタログが自動的に送信されます。
Hot selling バイヤーがこの質問をクリックすると、事前に設定した商品が自動的に送信されます。(最大9個追加可能)
Certifications バイヤーがこの質問をクリックすると、事前に設定した証明書が自動的に送信されます。(最大で5枚追加可能)
MOQ
Shipping time
Customization
Product samples
After-sales services
バイヤーがこの質問をクリックすると、あらかじめ設定した回答が自動的に送信されます。製品情報、写真、動画、ファイルのアップロードが可能です。
Custom Q&A バイヤーからのよくある問い合わせに応じて、お好きな質問と回答を設定できます。(最大5個まで)
 

Pre-set questions(事前に設定した質問)

サプライヤーのニーズに合わせて、チャットボットが自動的にバイヤーに質問します。

  1. 質問タイプを選択します。

  2. 質問内容を設定します。

項目 説明
Buyer Type RFQにもっと見積りをだしましょう
Product Attributes 製品の色やモデル等、製品属性について
Purchase Volume 希望購入数量について質問します。
Purchase Purpose 購入目的について質問します。
Customization カスタマイズの要望があるか質問します。
Buyer Address 問合せ中に特定の住所を記載していない場合、バイヤーに住所について質問します。
Payment Method 希望の決済方法について質問します。
Custom Guiding Question バイヤーからよくある質問について、お好きな項目を設定できます。(最大3個まで)