製品画像の加工手順

評価の高い製品ページを掲載するためには、もともと持っている画像を加工し、現在の掲載ルールに沿った画像を準備する必要があります。
ここでは、Microsoft Office PowerPoint(パワーポイント)を使用した製品画像の背景白抜き方法をご紹介いたします。

Microsoft Office PowerPointのバージョンによっては、操作方法が異なる場合がございます。

背景白抜き画像の作成手順

  1. まずは正方形の枠を準備します。PowerPoint を実行し、新しいプレゼンテーションを開きます。

 
  1. 「デザイン」タブを選択し、「ページ設定」をクリックします。

  1. スライドのサイズを変更し、スライドを正方形にします。

    スライドのサイズ指定:ユーザー設定
    幅:20cm
    高さ:20cm
    ※幅と高さはご利用のPCによってサイズが違いますので、ピクセルにしたときに一辺が640ピクセル以上になるよう設定ください。

 
  1. 「挿入」タブを選択し、「画像」にある「図」をクリックします。ダイアログボックスが表示されますので、加工したい画像を選択します。(ドラッグアンドドロップでも挿入可能です。)

  1. 挿入された画像を選択し、「書式」タブにある「背景の削除」をクリックします。

  1. システムによって背景と判断された部分が紫色で表示されますので、下記の方法で修正します。

  1. 製品にあわせて、選択枠のサイズを調整する

  2. 細かい修正箇所は、「背景の削除」タブの「保持する領域としてマーク(+)」または「削除する領域としてマーク(−)」ツールを使用して調整する

「背景の削除」タブの「保持する領域としてマーク(+)」または「削除する領域としてマーク(−)」ツールを使用すると、誤って認識されてしまっている箇所を下記のようにドラッグして指定することで細かい調整を行うことが可能です。

  1. 背景部分の選択が完了したら、「変更を保持」をクリックします。
    ※同時に複数枚の画像を加工する場合は、同様の手順で新しいページに画像を挿入の上加工します。

  1. すべての画像の加工が終わったら、「名前を付けて保存」をします。ファイルの種類に、PNGまたはJPEGを選択してください。

  1. ポップアップが表示されますので、画像が複数枚ある場合は「すべてのスライド」、画像が1枚のみの場合は「現在のスライド」をクリックします。

Microsoft Office Word(ワード) や Microsoft Office Excel(エクセル) でも同様に、簡単に背景白抜き加工が可能です。
よりきれいに背景を削除したい場合などは、Photoshop(フォトショップ)やIllustrator(イラストレータ)といった有料ソフトウェアを使用することを推奨します。